引っ越し業者に頼む場合でも、自分自身でできる範囲の梱包をやっておけば

引っ越し業者に頼む場合でも、自分自身でできる範囲の梱包をやっておけば、比較的、料金を低くすることができます。当然、引っ越し作業にかかってくる時間も短くできます。テレビやネットのCMや広告などで全てお任せでOKといっている引っ越し業者でも実際にはほかにもプランがいくつもありますので、確認してみるほうがよいでしょう。引越しの前日の作業として忘れるわけにいかないのは、冷蔵庫の水を抜いておくことです。水抜きに自信のない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜くと良いでしょう。常識ですが、中身は取り出してください。さもないと、その日になって冷蔵庫が運べないことになるかもしれません。引越し業者を利用すると、土日・祝日は割高料金になります。平日は休みをとれないという人がほとんどなので、引越しを希望する人が集中してしまうからです。電気料金でも、使用者が集中する日中は割高で、夜間は使用者が少ないので安くなりますよね。可能な限り人気がない曜日を選択すれば、安い引越し代金で済むでしょう。引越しのために荷物をまとめる時に皿やグラス、雑貨で割れやすい物はタオルや洋服等の布で包んで梱包します不要な雑誌や、新聞紙もいいですが、思ったより量が多くなり、処分することが大変です。引越し作業がお終わると、多くの空のダンボールが出ますし、そのうえ紙くずも出ると予想以上にスペースを取ります。今回、引越しをする予定が固まったとき、住民票の移動の処理は、早めにしておこうと考えていました。最初に、私が転出届けの手続を役所で行って、主人が引っ越しのその当日に、転入届を提出できるようにその日程を打ち合わせしておいてどたばたぜずに引越ししました。ただでさえ、引越しというものは多くの手続きや処理が必要なので忘れないように表に書いておいて、計画的に行っていくことが必要ではと思います。参考にしたサイト>>>>>愛知県豊田市 引越し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です